にがHP製 似非SDisk用 「Bad Apple!!影絵」プレーヤー配布ページ


1.ニコ動から元動画をダウンロードする。
要点:旧配信(flash)形式でダウンロードする。
詳しい方法。
 →Adobe flash対応終了によりこの方法でダウンロードできなくなりました。
nicozonでダウンロードできるみたいです。
512x384,30.00fps,6570フレームであれば変換可能です(旧型式であれば16,719,591バイトで正解)。
低画質モード(512x384 29.97fps 11,750,818バイト)での動作は未確認ですが、fpsが異なるため、音ずれすると思います。

2.変換ツール・プレーヤー一式をダウンロードして展開する。

3.ffmpegを拾ってきてffmpeg.exeをプレーヤー一式と同じ場所に置く。
https://www.gyan.dev/ffmpeg/builds/
https://www.gyan.dev/ffmpeg/builds/ffmpeg-release-essentials.zip
とかからダウンロード。
※現在上記で配布されているffmpegは 64bit OS専用のため、32bit OSで変換するためには別の箇所から入手が必要。

アーカイブ内のffmpeg.exeを変換ツールのgo.batとかと同じ場所に置く。

4.変換ツールにかける。
以下のファイルが同じフォルダにある状態にして、
go.batもしくはgo_opll.batにダウンロードしたmp4をドラッグ&ドロップする。
変換後は、imgフォルダは削除して問題ありません。
※go.batはturboR内蔵PCM(もしくは互換HW)用、go_opll.batはOPLL方式用。
  ffmpeg.exe
  go.bat
  go_opll.bat
  badappcnv.exe

5.再生ソフトと一緒にSDカードに書き込む。
以下の3ファイルが同じフォルダにある状態にする。
・PCM版
  BADAPPLE.IMG
  BADAPPLE.OBJ
  VIEW.BAS
・OPLL版
  BADAPPOP.IMG
  BADAPPLE.OBJ
  VIEWOPLL.BAS

6.実機で動かす。
RUN"VIEW.BAS" とか。
カレントからその他ファイルを読み込むので、カレントドライブ・カレントディレクトリは再生ソフト一式があるところにしてください。
キーマトリクス0行目(フルキー0~7)を押すと再生中断します。




補足:
・一応MSX2やMSX2+でも動作しますが、機種によりVDPアクセスのWAITが異なり、正しく描画できないものがあります。
Panasonicの旧機種(A1Fまで)では正常に動きません。SONY機も動きません。SANYO機は未確認です。
S1985搭載機(SONY機やPanasonic初期機)は、本体改造をすることで動くようです。
改造方法については、にがさんのページを参照してください。

・PCMはturbo Rと同等のHW(I/O A4にunsigned形式のデータを書き込めば鳴るタイプ)のDACであれば動作するはずです。

・再生時にERROR 3が出る。
ファイルが断片化してるのでデフラグしてください。Windows10標準のデフラグでは無理ですので別の手段を用意して下さい。

・速度が遅い。
再生後にtiming violation error countが表示される場合は、SDカードが遅いので別のカード使って下さい。
表示されない場合、SDカードリーダーがWAITを発行しているタイプと思われるので、そのリーダーには対応できません。

・ERROR4が出る、全く動かないでフリーズする
ごく希に原因不明に動かないSDカードがあるようです。別のカードを使って下さい。
似非SDisk以外を使用している場合は、対応していないのかもしれません。



謝辞
・OPLLを使用したPCMの再生方法は、以下のページを参考にさせて頂きました。
http://www.grauw.nl/projects/fmpcm/
素晴らしい使用方法を考案して下さったGrauwさんにお礼申し上げます。


戻る